名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻(化学系)/ 名古屋大学理学部 化学科

概要

物質理学専攻の化学系には、有機化学研究室、機能有機化学研究室、生物有機化学研究室、(野依)特別研究室、物性化学研究室、光物理化学研究室、量子化学研究室、分子組織化学研究室、無機化学研究室、生物無機化学研究室の10研究室と有機合成化学グループ(創薬科学研究科)、物理化学グループ、物理無機化学グループがあります。化学系の各研究室・グループは、研究教育の両面において物質科学国際研究センター*と密接に連携を保ちながら運営されています。このほかに、研究室・グループへの支援組織として、化学事務室、理学図書室、技術部ガラス工作室、化学測定機器室、G30があります。なお、学部学生は理学部化学科に所属しており、物質理学専攻(化学系)、化学科、支援組織が一体となって化学教室を構成しています。

* 物質科学国際研究センター:平成10年度に、化学系研究室が中心となって、物質科学国際研究センターが発足しました。このセンターは、新しい物質の創造とその機能の解明を目指して創立されたセンターで、有機物質合成研究、無機物質合成研究、物質機能研究、生命物質研究、分子触媒研究、の5分野と化学測定機器室を中心に研究活動を行っています。
http://www.rcms.nagoya-u.ac.jp/

物質理学専攻(化学系)の組織

研究室・研究グループ

その他のグループ等

大学院物質理学専攻(化学系)紹介パンフレット