[公募] 名古屋大学 大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 教授


この度,名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)では,下記の要領で教員を公募します。


募集人員

教授1名

所 属

名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)
 

専門分野

広い意味での無機化学

職務内容

大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)教授として研究を推進するとともに,理学部化学科における講義を含めた教育と運営に携わる。

待遇

名古屋大学職員就業規則、同給与規程及びその他本学の諸規則による。
勤務形態:常勤(任期なし)、裁量労働制
休日:毎週土・日曜日、国民の祝日、夏季休業期間、年末年始(12月29日~1月3日)
休暇:年次有給休暇、病気休暇、特別休暇
給与・手当等:本学給与規程等に基づき支給
社会保険:文部科学省共済組合、厚生年金、雇用保険及び労災保険に加入

応募資格

博士の学位を有し,熱意をもって新しい研究領域を開拓する研究者
無機化学などの講義を担当できる方

着任時期

平成31年4月1日

提出書類

 
  • 履歴書(写真貼付)
  • 業績リスト(招待講演,競争的資金の取得状況を含む)
  • 主要論文別刷(10編以内,コピー可)
  • これまでの研究概要(A4で2枚)
  • 今後の研究計画および教育に対する抱負(A4で1-2枚)
  • 所見を伺える方2名の氏名と連絡先
  •  

提出方法

上記の提出書類を1つのPDFファイルにまとめ,以下のアドレスに添付で送信してください。その際,件名を「大学院理学研究科教授応募(氏名)」として下さい。なお,受け取りの返信メールを必ずご確認ください。
書類の提出先アドレス: jinji-chem@chem.nagoya-u.ac.jp
電子提出が困難な場合,下記にご郵送いただいても結構です。郵送の場合,「大学院理学研究科教授応募書類在中」と明記し,簡易書留郵便等で送付してください。

公募締切

平成30年5月6日必着

選考方法

書類審査後,面接を実施

書類提出先・問い合わせ先

〒464-8602 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)
主任 教授 阿部 洋
Tel: 052-789-2490 E-mail: jinji-chem@chem.nagoya-u.ac.jp

その他

本学は,業績等(研究業績,教育業績,社会的貢献,人物を含む)の評価において同等と認められた場合には,女性を積極的に採用します.

[受賞] 松井公佑助教(無機化学研究室)が第22回日本放射光学会奨励賞を受賞

2018年1月8日に松井公佑助教(無機化学研究室)が、「OperandoイメージングXAFS法の開発と実固体触媒材料の可視化」の研究業績に関して、第22回日本放射光学会奨励賞を受賞しました。化学状態の2次元及び3次元可視化の観点から実用触媒材料が抱える諸問題を解決する糸口となる構造化学的知見を世界に先駆けて明らかにしたことが高く評価され今回の受賞となりました。 日本放射光学会では、放射光科学分野において優れた研究成果をあげた若手研究者の功績を称え、今後の更なる活躍を奨励するために、毎年3名未満の若手研究者(35歳未満)を選考し、年会にて表彰しています。

[受賞] 渡辺芳人教授が第70回日本化学会賞を受賞

2018年1月15日、日本化学会賞選考委員会において厳正な選考が行われ、理事会の審議を経て、渡辺芳人教授が「金属酵素の創成と機能制御」の研究業績に対して、第70回日本化学会賞を受賞しました。日本化学会賞は、日本化学会員の中で化学の基礎または応用に関する貴重な研究をなし、その業績が特に優秀な者に授与する賞で、渡辺教授の生物無機化学を中心とした幅広い研究における功績が高く評価され、今回の受賞となりました。おめでとうございます!

[受賞] 大竹美保さん(M1)、榊原えりかさん(M1)が第7回CSJ化学フェスタ2017にて優秀ポスター賞を受賞


2017年10月17日~19日、タワーホール船堀にて行われた第7回CSJ化学フェスタ2017において、生物無機化学研究室の大竹美保さん(M1)、榊原えりかさん(M1)が優秀ポスター賞を受賞しました。 おめでとうございます!

12/7 [IGERグリーン自然レクチャー] 固体中電子の奇妙なふるまい:ディラック電子と疑似相対性理論

[受賞] 松井公佑助教(無機化学研究室)が一般財団法人エヌエフ基金より研究開発奨励賞を受賞


2017年11月17日に一般財団法人エヌエフ基金より松井公佑助教(無機化学研究室)が「実個体触媒中の反応・劣化現象の画像化計測技術の開発」の内容に関して、研究開発奨励賞を受賞しました。本賞は、35才以下の若手研究者に対し、革新性と独創性の高い、かつ化学や技術の進歩、発展に役立つ研究開発を表彰するものです。本年度は、先端計測、環境・エネルギーの2分野に対して募集が行われました。
おめでとうございます!

[受賞]Shu Zhaomaさん(生物有機化学研究室D2)が第44回国際核酸化学シンポジウムにおいてポスター賞を受賞


 

2017年11月14日から16日に東京理科大学葛飾キャンパスにて行われた第44回国際核酸化学シンポジウム (ISNAC2017)において、生物有機化学研究室のShu Zhaomaさん(博士2年)がISNAC Outstanding Poster Award 2017 を受賞しました.
本賞は優れたポスター発表を行った者に対して授与されます.
おめでとうございます!

受賞年月日:2017年11月15日
演題:Nano-structured RNA for RNA interference

リンク先
http://web.apollon.nta.co.jp/isnac2017/award_winners.html



[受賞] 機能有機化学研究室の深谷 菜摘(フカヤ ナツミ)さん(M1)が国際シンポジウムにてポスター賞を受賞


2017年11月9日から10日にOokayama Campus, Tokyo Institute of Technologyにて開催されたThe 2nd International Symposium on Biomedical Engineeringにて機能有機化学研究室の深谷 菜摘(フカヤ ナツミ)さん(M1)がポスター賞を受賞されました。
おめでとうございます!

・演題:Biomimetic Supramolecular Polymerization of Amide-functionalized Fluorescent Dye
・発表者名:○Natsumi Fukaya, Soichiro Ogi, Miyuki Tabata, Yuji Miyahara, Shigehiro Yamaguchi
・発表種別:Poster presentation

[受賞] 日比野柾君(D1)が44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC 2017) The 1st Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistryにてポスター賞 ISNAC Outstanding Poster Award 2017 を受賞

 

 

2017年11月14日~16日、東京理科大学にて行われた44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC 2017)  The 1st Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistryにて生物無機化学研究室の日比野柾君(D1)がポスター賞  ISNAC Outstanding Poster Award 2017  を受賞しました。おめでとうございます!

[受賞] 小澤沙紀さん(M1)がPhysical Chemistry Chemical Physics (PCCP) Poster Prizeを受賞


2017年10月28日から30日に電気通信大学にて開催された、International Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts and Surfaces for Future Earth (NENCS)にて、無機化学研究室の小澤沙紀さん(M1)がPhysical Chemistry Chemical Physics (PCCP) Poster Prizeを受賞しました。
おめでとうございます!