[受賞] 薄葉純一君 (M2) が第28回基礎有機化学討論会 ポスター賞を受賞

平成29年9月7日から9日までの間、九州大学伊都キャンパスで開催された第28回基礎有機化学討論会 (第47回構造有機化学討論会 / 第67回有機反応化学討論会) で、機能有機化学研究室の薄葉純一君 (M2) がポスター賞を受賞しました。おめでとうございます!

発表題目:セミナフトホスファフルオレセインの構造と光物性
発表者 : 薄葉純一, 深澤愛子, Raul Adler, 山口茂弘

関連リンク:第28回基礎有機化学討論会
http://www.chem.kyushu-u.ac.jp/~poc28/


[受賞] 千田樹絵子さん (M2) が Organic & Biomolecular Chemistry 賞を受賞

平成29年9月7日から9日までの間、東京大学弥生キャンパスで開催された第11回バイオ関連化学シンポジウムにおいて、機能有機化学研究室の千田樹絵子さん (M2) が Organic & Biomolecular Chemistry 賞を受賞しました。この賞は、英国王立化学会 (Royal Society of Chemistry) がスポンサーとなり、最も優れたポスター発表2件に贈られる栄誉ある賞です。おめでとうございます!

発表題目:ホスファローダミン色素を内包した耐光性近赤外蛍光ナノ粒子の創出
発表者 : 千田樹絵子, 多喜正泰, 山口茂弘

関連リンク:第11回バイオ関連化学シンポジウム
http://jointsympo.csj.jp/outline.php

[受賞] 鈴木和人君(M2)が第11回バイオ関連化学シンポジウムにて優秀ポスター賞を受賞

 

2017年9月7日~9日、東京大学にて行われた第11回バイオ関連化学シンポジウムにおいて、生物無機化学研究室の鈴木和人君(M2)が優秀ポスター賞を受賞しました。 おめでとうございます!

[受賞] 伊丹教授がカナダ・カルガリー大学のICI Distinguished Lecturerに選ばれました!


 
伊丹教授がカナダ・カルガリー大学のICI Distinguished Lecturerに選ばれました。9月20日、22日に、カルガリー大学にて受賞講演が行われます。


詳しくはこちら:https://www.ucalgary.ca/chem/files/chem/ici-2017-brochure.pdf

過去の受賞者にはノーベル化学賞受賞者が8名、日本人受賞者が1名(2016年に藤田誠教授)いらっしゃる、大変名誉のある賞です!おめでとうございます!

[受賞] 伊藤真央さん(生物有機化学研究室M2)が第19回日本RNA学会年 会において優秀賞を受賞


 
 2017年7月19日から21日に富山国際会議場にて行われた第19回日本RNA学会年会において、生物有機化学研究室の伊藤真央さん(修士2年)が優秀賞を受賞しました。本賞は学生の発表者を対象にして、優れた発表を行ったものに対して授与されます。
おめでとうございます!

受賞年月日:2017年7月31日
演題:化学的シグナル増幅を可能とするプローブによる細胞内RNA検出法




[受賞] 坂田卓也君(M1)が錯体化学若手研究会「錯体化学若手の会夏の学校2017」にて優秀ポスター賞を受賞


2017年7月31-8月2日、蒲郡市で行われた錯体化学若手研究会「錯体化学若手の会夏の学校2017」において、
分子組織化学研究室の坂田卓也 君(M1)が優秀ポスター賞を受賞しました。
おめでとうございます!

[受賞] 小野田浩宜君(D2)が錯体化学若手の会夏の学校2017にて優秀ポスター賞を受賞

 

2017年7月31日~8月2日、西浦温泉ホテルたつきにて行われた錯体化学若手の会夏の学校2017において、生物無機化学研究室の小野田浩宜君(D2)が優秀ポスター賞を受賞しました。 おめでとうございます!

[受賞] Shu Zhaomaさん(生物有機化学研究室D1)が日本核酸医薬学会第3回年会において川原賞を受賞



 
2017年7月12日から14日に札幌コンベンションセンターにて行われた日本核酸医薬学会第3回年会において、生物有機化学研究室のShu Zhaomaさん(博士1年)が川原賞を受賞しました。本賞は、学生あるいは2014年4月1日以降に博士号の学位を取得した博士研究員(助教は含まない)を対象にしており、優れた口頭発表・ポスター発表を行った者に対して授与されます。
おめでとうございます!

受賞年月日:2017年7月14日
演題:RNA干渉のためのナノ構造デザイン




[受賞] 山口茂弘教授が米国マサチューセッツ工科大学 (MIT) の Merck-Karl Pfister Visiting Professor に選ばれました



機能有機化学研究室山口茂弘教授が米国マサチューセッツ工科大学 (MIT) の Merck-Karl Pfister Visiting Professor に選ばれました。
同 Visiting Professor 制度は Merck Research Laboratories からの寄付を基に 1964年に設立されたものであり、MIT で博士号を取得した同社の開発研究所長である Pfister 博士の名を冠し,世界の名だたる有機化学者を同大学の visiting professor として招聘するレクチャーシップ賞です。来年2018年3月15日に同大学で講演が行われる予定です。
おめでとうございます!

[受賞] 大竹美保さん(M1)が第2回バイオフィルム若手ワークショップにて優秀発表賞を受賞

 

2017年7月7日、筑波大学にて行われた第31回日本バイオフィルム学会学術集会主催の第2回バイオフィルム若手ワークショップにおいて、生物無機化学研究室の大竹美保さん(M1)が優秀発表賞を受賞しました。 おめでとうございます!