Enantioselective Synthesis of Pyrrolidine-, Piperidine-, and Azepane-type N-Heterocycles with α-Alkenyl Substitution: the CpRu-Catalyzed Dehydrative Intramolecular N-Allylation Approach

Pd(OAc)2/o-Chloranil/M(OTf)n: A Catalyst for the Direct C–H Arylation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons with Boryl-, Silyl-, and Unfunctionalized Arenes

[受賞] 櫛田知克君 第38回有機典型元素化学討論会 優秀講演賞

機能有機化学研究室の櫛田知克君 (博士後期課程2年) が,2011年12月7-9日に石川県立音楽堂にておこなわれた第38回有機典型元素化学討論会にて優秀講演賞を受賞しました。

受賞題目:平面固定トリアリールボランの反応性:ボラタアントラセンおよびボラシクロファン誘導体の合成と性質
発表者:櫛田知克,周 治国,若宮淳志,山口茂弘

[RCMS & G-COE Seminar] The Chemistry of Heterofunctional Ligands: from Homogeneous Catalysts to Clusters

Construction of biocatalysts using the myoglobin scaffold for the synthesis of indigo from indole

Tweet this!Tweet this!

[G-COE Seminar] Engineering of Folded Nano-Architectures

[G-COE Seminar] New Developments in Chiral Phosphate Based Asymmetric Methodology

名古屋大学グローバルCOE国際シンポジウム、第8回平田メモリアルレクチャー

2011年11月26日〜11月28日に行われた名古屋大学GCOE国際シンポジウムと第7回および第8回平田メモリアルレクチャーの風景です。

Tweet this!Tweet this!

[受賞] 秦一博君 有機典型元素化学討論会 優秀ポスター賞受賞

有機化学研究室の秦一博君 (博士前期課程2年) が,2011年12月7-9日に石川県立音楽堂にておこなわれた第38回有機典型元素化学討論会にて優秀ポスター賞を受賞しました。

受賞題目:ピリジリデンの合成と反応性
発表者:秦一博、瀬川泰知、伊丹健一郎

[プレスリリース] 伊丹健一郎教授らが次世代型クロスカップリング法の開発に成功

伊丹健一郎教授らは、芳香族化合物とフェノール誘導体をつなげて医薬や有機エレクトロニクス材料分野における最重要骨格のひとつであるビアリール化合物を合成する「新しい次世代型クロスカップリング反応」の開発に世界ではじめて成功 した。この反応の実現には独自に開発した新しいニッケル触媒をもちいることが不可欠 である。このクロスカップリング反応を利用すれば様々な有用ビアリール化合物を安価なフェノール誘導体を出発原料に用いて短工程で合成できる。精密制御を得意とする有機化学・合成化学に立脚した画期的成果であり、今後この分野における新しいスタンダ ードになるだろう。

 



 

 

これまで、ビアリール骨格を効率的に合成する手法としては 2010 年にノーベル化学 賞を受賞したパラジウム触媒、有機金属化合物、有機ハロゲン化物による「古典的」クロスカップリング反応があり、これまで多くの化学者によって改良が行われてきた。今 回、伊丹教授らの研究チーム(武藤慶 修士課程1年、山口潤一郎 助教、伊丹健一郎 教 授)が開発した「新しい次世代型クロスカップリング反応」は、安価なニッケル触媒を活用するとともに、いずれも入手容易な芳香族化合物とフェノール誘導体をカップリングパートナーに用いることを可能にしたという点で画期的な成果である。医薬、生物活 性物質、有機エレクトロニクス材料を効率的に合成する新手法として今後多用される可 能性を秘めている。

本結果は名古屋大学により2011年12月9日にプレスリリースされ、アメリカ化学会誌Jurnal of American Chemical Society誌に掲載された。また、読売新聞、中日新聞、化学工業日報、ナノテクジャパン、日刊工業新聞、科学新聞に掲載された。

名古屋大学プレスリリース

芳香族化合物とフェノール誘導体をつなげる新しい次世代型 クロスカップリング法の開発に世界で初めて成功 〜全く新しいニッケル触媒の開発が鍵〜」(PDFファイル)

新聞掲載



 

 

Tweet this!Tweet this!