平成23年度卒業式・謝恩会

2012年3月25日に平成23年度卒業式が行われました。その後化学科内で謝恩会が行われました。卒業生の皆さんおめでとうございます!

Tweet this!Tweet this!

[受賞]山口潤一郎助教第26回「若い世代の特別講演会証」受賞


山口潤一郎助教が日本化学会第92春季年会にて「第26回若い世代の特別講演会」の講演者に選ばれ講演を行いました。

Tweet this!Tweet this!

[受賞]上村大輔名誉教授がナカニシプライズ2012を受賞

 


上村大輔名誉教授

上村大輔名古屋大学名誉教授(現在神奈川大学教授)がナカニシプライズ(日本化学会・アメリカ化学会)を受賞されました。
日本化学会第92回年会中に開催される中西シンポジウム2012にて受賞講演が行われました。

ナカニシプライズについて

本学出身の中西 香爾 コロンビア大学教授の功績をたたえ設立された賞。中西ナカニシシンポジウムは、日本化学会と米国化学会との取決めにより偶数年度は日本で、奇数年度は米国にて選考されるナカニシ・プライズの受賞講演を含み、該当国で交互に開催されている。本プライズは生物活性天然物の単離、構造解析、生物機能、生合成および全合成分野での顕著な研究業績を対象に選考され、上村大輔教授(神奈川大学教授)に授与されることに決定した。よって本企画は選考理由である「海洋天然物の生物有機化学的研究における貢献」に基づき、受賞者による講演に加えてこれに関連する最新の研究成果を周辺分野の研究者に紹介していただく。

Tweet this!Tweet this!

[受賞] 北将樹氏が平成23年度日本化学会進歩賞を受賞

 

 

 北将樹 氏

 北将樹氏(本学研究科卒業生および助手、現在筑波大学准教授)が平成23年度日本化学会進歩賞を受賞しました。授賞式および受賞講演は日本化学会第92回春季年会で行われます。おめでとうございます。


  • 日本化学会進歩賞について

日本化学会会員であって、化学の基礎または応用に関する優秀な研究業績を挙げ、受賞対象となる研究についての主論文を本会会誌に一報以上発表し、年齢が受賞の年(平成24年)の4月1日現在において満37歳に達していない者に受賞する。

Tweet this!Tweet this!

Hindered Biaryls by C–H Coupling: Bisoxazoline-Pd Catalysis Leading to Enantioselective C–H Coupling

Tweet this!Tweet this!

Synthesis and Properties of Cycloparaphenylene-2,5-pyridylidene: A Nitrogen-Containing Carbon Nanoring

Combined experimental and theoretical studies on the photophysical properties of cycloparaphenylenes

3/22 [RCMS Seminar] From Intermetallic compounds and magnetism to light induced reduction in small molecules : an example of pluridisciplinary approach in chemistry

Crystal Structure, Spin Polarization, Solid-State Electrochemistry, and High n-Type Carrier Mobility of a Paramagnetic Semiconductor: Vanadyl Tetrakis(thiadiazole)porphyrazine

Tweet this!Tweet this!

Ionic-Liquid Component Dependence of Carrier Injection and Mobility for Electric-Double-Layer Organic Thin-Film Transistors


Tweet this!Tweet this!