[受賞]櫛田君、首藤さん ICHAC-10 ポスター賞受賞

本学化学科博士後期課程3年の櫛田知克君(機能有機化学研究室)、同博士前期課程2年の首藤亜由美さん(機能有機化学研究室)が、京都で行われた第10回へテロ元素化学国際会議 (10th International Conference on Heteroatom Chemistry, ICHAC-10) にてポスター発表を行い、Poster Award を受賞しました。さらに、首藤さんは、特に優れた発表3件に贈られる “IUPAC Poster Prize” にも選ばれました。

おめでとうございます!

Poster Award at ICHAC-10

[お知らせ] 渡辺芳人教授日本化学会副会長就任

2012年5月24日付で本化学科の生物無機化学研究室を主催している渡辺芳人教授が公益社団法人 日本化学会の筆頭副会長に就任しました。
日本化学会は国内最大の化学系学術組織であり、また世界的にもアメリカ化学会に次いで2番目の規模を誇ります。

関連情報:公益社団法人 日本化学会 新会長選任のお知らせ

Tweet this!Tweet this!

6/1 [IGERグリーン自然科学レクチャー] 進化学の展開

5/29 [RCMS Seminar] Correlations between Structures and Chemica Behaviours

5/25 [IGERグリーン自然科学レクチャー] 光エネルギー変換型光触媒による水分解反応

[プレスリリース] 篠原久典教授らフラーレンの生成される仕組みを解明

本化学科の物理化学研究室を主催している篠原久典教授ら日米仏の研究グループが、サッカーボール型分子フラーレンの生成メカニズムを解明しました。なお、この成果の詳細は、2012年5月22日に英国の科学誌「Nature Communications」の電子版に掲載されました。また、23日の中日新聞、24日の読売新聞で報道されました。

新聞掲載

    • 平成24年5月23日(水)中日新聞朝刊

      平成24年5月24日(木)読売新聞朝刊
  • Closed network growth of fullerenes

    Polycyclic π-Electron System with Boron at Its Center

    An Ambipolar Conducting Covalent Organic Framework with Self-Sorted and Periodic Electron Donor-Acceptor Ordering

    1,3,5-Triaryl 2-Pyridylidene: Base-Promoted Generation and Complexation