[お知らせ] リーディングプログラム「グリーン自然科学国際教育プログラム」修了生誕生



2014年度のリーディングプログラム「グリーン自然科学国際教育プログラム」修了生が誕生いたしました。本学科の修了生は特別研究室 松岡 亜季さん(D3年)、有機化学研究室  秦 一博さん(D3年)、物理化学研究室 林 宏恩さん(D3 年)、有機化学研 究室 山口 敦史さん(D3年)の4名です。おめでとうございます!



松岡 亜季さん


秦 一博さん


林 宏恩さん


山口 敦史さん

[公募] 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 助教

この度、当理学研究科物質理学専攻(化学系)では、下記の要領で教員を公募します。

所属

名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 生物無機化学研究室

職名・募集人員

助教(テニュアトラック制)1名

給与

名古屋大学年俸制適用職員給与規定に準ずる。

採用予定日

2015年7月1日 以降できるだけ早い時期。

任期

採用日から5年間。テニュア審査で、講師(任期なし)への採用可否が決定されます。テニュア教員への採用が見送られた場合は、転出等の準備のためにテニュアトラック教員の任期満了の翌日から1年を限度として、特任助教として雇用することができます。

応募資格

博士の学位を有する方、または着任までに取得見込みの方で、生体機能関連化学における豊富な経験を有する方。

仕事内容

本学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)生物無機化学研究室において、渡辺芳人教授ならびに同研究室スタッフと協力して研究・教育を行う。特に、金属蛋白質や生体触媒などの生体機能関連化学領域の研究を行う。

応募期限

2015年4月3日 必着

選考方法

書類審査後、面接を実施

提出書類

    1. (1) 履歴書(写真添付)
      (2) 業績リスト
      (3) 主要論文の別刷(5編まで、コピー可)
      (4) これまでの研究概要(A4で2枚程度)
      (5) 今後の研究計画と教育に対する抱負(A4で2枚程度)
      (6) 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先
  • 提出方法

    上記の提出書類を1つのPDFファイルにまとめ、件名を「生物無機化学研究室助教応募」として、以下のアドレスに添付で送付して下さい。なお、受取の返信メールを必ずご確認下さい。

    書類送付先

    〒464-8602 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 主任 菱川 明栄 

    Tel: 052-789-2494 E-mail: hishi@chem.nagoya-u.ac.jp

    問い合わせ先

    〒464-8602 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 生物無機化学研究室 渡辺 芳人
    Tel: 052-789-5811 E-mail: p47297a@nucc.cc.nagoya-u.ac.jp
    
http://bioinorg.chem.nagoya-u.ac.jp/

    
    なお、テニュア審査の詳細については、問い合せ先に照会のこと。 名古屋大学におけるテニュアトラック制とは: http://www.nagoya-u.ac.jp/extra/kisoku/act/frame/frame110001177.htm 名古屋大学では、業績等(研究業績、教育業績、社会的貢献、人物を含む)の評価において、同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。

    [受賞]平成26年度優秀学位論文賞

    今年度の優秀学位論文賞は下記のとおり決定致しましたので、お知らせします。なお、表彰状およびメダルの贈呈式は3月25日(水)の卒業式後に開催予定の化学科卒業パーティーで執り行います。

    おめでとうございます。

     

    大 須 理 恵 君

    アセチルCoA合成酵素の反応中間体を模したジアミドジチオラート
    配位ニッケル二核錯体の合成と酵素モデル反応

    吉 村 柾 彦 君

    植物ホルモンの作用機構解明に向けた機能性分子の開発と応用

    岡 田 光 博 君

    原子層VI族遷移金属ダイカルコゲナイドのCVD合成及び光学特性と
    電子物性の評価

    PDFバージョン

    優秀学位論文賞とは

    優秀学位論文賞は毎年修士論文発表会に参加した修士課程2年の学生の中で、修士論文およびプレゼンテーションが最も優れた学生に贈られる賞です。

    [公募] 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 助教

    この度、当理学研究科物質理学専攻(化学系)では、下記の要領で教員を公募します。

    所属

    名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 生物化学研究室

    職名・募集人員

    助教(テニュアトラック制)1名

    給与

    名古屋大学年俸制適用職員給与規定に準ずる。

    採用予定日

    2015年7月1日 以降できるだけ早い時期。

    任期

    採用日から5年間。テニュア審査で、講師(任期なし)への採用可否が決定されます。テニュア教員への採用が見送られた場合は、転出等の準備のためにテニュアトラック教員の任期満了の翌日から1年を限度として、特任助教として雇用することができます。

    応募資格

    博士の学位を有する方、または着任までに取得見込みの方で、有機合成化学における豊富な経験を有する方。

    仕事内容

    本学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)生物化学研究室において、阿部洋教授ならびに同研究室スタッフと協力して研究・教育を行う。特に、生理活性化合物、核酸誘導体や蛍光化合物の設計・合成・機能評価の研究を行う。

    応募期限

    2015年4月20日 必着

    選考方法

    書類審査後、面接を実施

    提出書類

    1. (1) 履歴書(写真添付)
      (2) 業績リスト
      (3) 主要論文の別刷(5編まで、コピー可)
      (4) これまでの研究概要(A4で2枚程度)
      (5) 今後の研究計画と教育に対する抱負(A4で2枚程度)
      (6) 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先
  • 提出方法

    上記の提出書類を1つのPDFファイルにまとめ、件名を「生物化学研究室助教応募」として、以下のアドレスに添付で送付して下さい。なお、受取の返信メールを必ずご確認下さい。

    書類送付先

    〒464-8602 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 主任 菱川 明栄 

    Tel: 052-789-2494 E-mail: hishi@chem.nagoya-u.ac.jp

    問い合わせ先

    〒464-8602 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 生物化学研究室 阿部 洋
    Tel: 052-789-2491 E-mail: h-abe@chem.nagoya-u.ac.jp
    http://www3.chem.nagoya-u.ac.jp/wordpress/?page_id=9827
    
    なお、テニュア審査の詳細については、問い合せ先に照会のこと。 名古屋大学におけるテニュアトラック制とは: http://www.nagoya-u.ac.jp/extra/kisoku/act/frame/frame110001177.htm 名古屋大学では、業績等(研究業績、教育業績、社会的貢献、人物を含む)の評価において、同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。

    Environment-Sensitive Fluorescent Probe: A Benzophosphole Oxide with an Electron-Donating Substituent

    A Cyclic Octithiophene Containing β,β’-Linkages