Palladium-Catalyzed Decarbonylative Cross-Coupling of Azinecarboxylates with Arylboronic Acids

[受賞] 鳴戸真之君(特別研究室 D3)が第20回均一系触媒反応国際シンポジウム(ISHCXX)でポスター賞を受賞



2016年7月10日から15日に京都にて行われた第20回均一系触媒反応国際シンポジウム( ISHCXX,The 20th International Symposium on Homogeneous Catalysis)において、特別研究室の鳴戸真之君(D3)がポスター賞を受賞しました。
おめでとうございます!

発表情報

1P070 Cationic Mononuclear Ruthenium Carboxylates as Catalyst Prototypes for Self-Induced Hydrogenation of Carboxylic Acids

受賞日

2016年7月15日

Link

掲載論文:http://www3.chem.nagoya-u.ac.jp/wordpress/?p=10249

20160722_naruto






7/22 [IGERグリーン自然レクチャー] 金属ナノ構造を用いた光反応場の創成とその光エネルギー変換へ の展開

Selective Hydrogenation of Arenes to Cyclohexanes in Water Catalyzed by Chitin-Supported Ruthenium Nanoparticles

Light-melt adhesive based on dynamic carbon frameworks in a columnar liquid-crystal phase