[受賞]Shu Zhaomaさん(生物有機化学研究室D2)が日本薬学会第138年 会において学生優秀発表賞を受賞



 2018年3月25日から28日に石川県立音楽堂にて行われた日本薬学会第138年会において、生物有機化学研究室のShu Zhaomaさん(博士後期課程2年)が学生優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました。本賞は学生の口頭発表者を対象にして、優れた発表を行ったものに対して授与されます.おめでとうございます!

受賞年月日:

2018年3月28日

演題:

膜透過性核酸の開発



5/21 [IGER-RCMSセミナー] Applying Inorganic Synthesis to Gain Access to New Phosphorescent and Nanodimensional Materials

A Planarized B-phenyldibenzoborepin: Impact of the Structural Constraint on Its Electronic Properties and Lewis Acidity

Water-Soluble Phospholo[3,2-b]phosphole P,P’-Dioxide-Based Fluorescent Dyes with High Photostability

[受賞] 四坂勇磨君(生物無機化学研究室D2)が日本化学会第98 春季年会(2018)にて学生講演賞を受賞

2018年3月20日~23日、日本大学にて行われた日本化学会第98 春季年会において、生物無機化学研究室の四坂勇磨君(D2)が学生講演賞を受賞しました。 おめでとうございます!

[受賞] 中 寛史 助教が豊田理研スカラーに選出



 野依特別研究室中 寛史 助教が豊田理研スカラーに選ばれました。おめでとうございます!

豊田理研スカラーとは:
現職の大学教員で、所属大学の推薦を受けた優秀な若手研究者の中から、研究課題が豊田理化学研究所の設立趣旨や目指す方向性と一致する方を選定し、研究費用の一部を助成する制度です。

Link:
豊田理研スカラー http://www.toyotariken.jp/f_infor/s_gaiyou.html
豊田理化学研究所 http://www.toyotariken.jp/index.html