4/19 [Itami ERATO-ITbM-IGER-RCMS セミナー] Indenofluorenes and Quinoidal Analogues- A New Class of Electron-Accepting Materials

■ 講演者名
Michael Haley 先生
■ 所属
教授(オレゴン大学、アメリカ)
■ 紹介
2016年4月19日、午後4時より、野依物質科学研究館におきまして、オレゴン大学のHaley先生による Itami ERATO-ITbM-IGER-RCMSセミナーを開催いたします。
Haley先生は新規有機π電子系化合物の合成および物性解明研究を精力的に行なっている化学者です。特にキノイド-ベンゼノイドの共鳴構造を自在に操る分子設計により多彩な電子受容性π共役炭化水素を生み出し、これらの物性を活かした有機FETへの応用に展開するなど、本研究分野の第一人者として活躍されています。
皆様お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。
■ ポスター
ポスターファイル(PDF)
■ 日時
4月19日(火)16:00〜17:30
■ 会場
野依物質科学研究館 2階  講演室
■ 連絡先
伊丹 健一郎 e-mail:itami@chem.nagoya-u.ac.jp

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 4/19 [Itami ERATO-ITbM-IGER-RCMS セミナー] Indenofluorenes and Quinoidal Analogues- A New Class of Electron-Accepting Materials
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]