[受賞] 鳴戸真之君(特別研究室 D3)が日本化学会第96春季年会(2016)学生講演賞を受賞



2016年3月24日から26日に同志社大学京田辺キャンパスにて行われた日本化学会第96春季年会(2016)において、特別研究室の鳴戸真之君(D2)が学生講演賞を受賞しました。「学生講演賞」は発表内容、プレゼンテーション、質疑応答などにおいて優れた講演で講演者の今後の一層の研究活動発展の可能性を有すると期待されるものに対して授与されます。
おめでとうございます!

受賞日:2016年4月13日


20160524_naruto

Links

「3H1-12 ルテニウム-カルボキシラートを触媒とするカルボン 酸の自己誘導型水素化 (名大院理) 鳴戸 真之 氏」 in http://www.csj.jp/nenkai/96haru/data/vol69-06_award.pdf
掲載論文:http://www3.chem.nagoya-u.ac.jp/wordpress/?p=10249

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - [受賞] 鳴戸真之君(特別研究室 D3)が日本化学会第96春季年会(2016)学生講演賞を受賞
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]