Synthesis, Structure, and Electrochemical Property of a Bimetallic Bis-2-pyridylidene Palladium Acetate Complex

掲載論文
Tetsushi Yoshidomi, Tomohiro Fukushima, Kenichiro Itami, and Yasutomo Segawa, Chem. Lett. 2017, DOI: 10.1246/cl.170091
  • 非常に電子供与性の高い中性配位子は、遷移金属の高酸化数状態を安定化できることが知られており、様々な触媒反応への応用が期待されている。我々は2013年に、二座カルベン配位子ビス-2-ピリジリデンを有するパラジウム錯体の合成を報告しており、高い電子供与性と安定性をもつ錯体であることを明らかにしている。今回我々は、アセテートで架橋された(ビス-2-ピリジリデン)パラジウム(II)錯体の合成・構造決定を行い、その酸化挙動をサイクリックボルタンメトリーおよび量子化学計算によって解析した。その結果、ビス-2-ピリジリデンが他の中性二座配位子と比較してパラジウムの高酸化数状態を安定化する能力に優れていることを明らかにした。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Synthesis, Structure, and Electrochemical Property of a Bimetallic Bis-2-pyridylidene Palladium Acetate Complex
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]