Chemical ligation of oligonucleotides using an electrophilic phosphorothioester

掲載論文
H. Maruyama, R. Oikawa, M. Hayakawa, S. Takamori, Y. Kimura, N. Abe, G. Tsuji, A. Matsuda, S. Shuto, Y. Ito and H. Abe, Nucleic Acids Research, 2017 Advance Articles, DOI: 10.1093/nar/gkx459
  • 核酸の化学的連結反応(ケミカルライゲーション反応)は、核酸検出法や長鎖の機能性核酸合成法として有用である。従来のライゲーション反応の多くが、天然構造と乖離した連結構造を与えるため、生成物の生物学的応用に制限があった。今回我々は、天然核酸に極めて類似した生成物を与える新規のライゲーション反応の開発に成功した。開発した連結反応はDNA・RNAの両基質に適用可能であり、また従来の固相合成法では合成が困難な100塩基超以上のDNAの合成にも成功した。本反応を基盤として、長鎖の機能性核酸の合成や、薬理活性を持つ核酸鎖の細胞内構築など、生物学的に有用な応用への展開が期待される。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Chemical ligation of oligonucleotides using an electrophilic phosphorothioester
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]