5/21 [IGER-RCMSセミナー] Applying Inorganic Synthesis to Gain Access to New Phosphorescent and Nanodimensional Materials

■ 講演者名
Anant Kapdi先生
■ 所属
助教(UGP-FRP, ICT Mumbai, インド)
■ 紹介
2018年5月21日(月)に野依記念物質科学研究館2階ケミストリーギャラリーにおきまして、ICT Mumbaiの若手Anant Kapdi先生によるIGER-RCMSセミナーを開催します。Kapdi博士は、高官能基化された複雑な生理活性物質の化学変換(C–Cカップリング反応等)に水溶性の遷移金属錯体触媒などを用いて挑む新進気鋭の若手研究者です。今回は、ヌクレオチド類や医薬分子の改変に必要な新しいパラジウム触媒の配位子および分子デザインに関わる話題を中心にご講演いただきます。 (The research talk will be centered around the importance of sustainable development using palladium catalysis with the employment of water soluble phosphatriazine ligands. Modification of heteroarenes which involve bioactive molecules such as nucleoside as well as several drug molecule synthesis would be elaborated based on the development of efficient catalytic protocols.)
皆様お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。
■ ポスター
ポスターファイル(PDF)
■ 日時
2018年5月21日(月) 16:30~18:00
■ 会場
野依記念物質科学研究館2階ケミストリーギャラリー
■ 連絡先
理学研究科(化学) 斎藤進(内線 5945 saito.susumu@f.mbox.nagoya-u.ac.jp)

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 5/21 [IGER-RCMSセミナー] Applying Inorganic Synthesis to Gain Access to New Phosphorescent and Nanodimensional Materials
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]