Chemical hijacking of auxin signaling with an engineered auxin–TIR1 pair

掲載論文
Naoyuki Uchida, Koji Takahashi, Rie Iwasaki, Ryotaro Yamada, Masahiko Yoshimura, Takaho A Endo, Seisuke Kimura, Hua Zhang, Mika Nomoto, Yasuomi Tada, Toshinori Kinoshita, Kenichiro Itami, Shinya Hagihara,* Keiko U Torii*, Nat. Chem. Biol., 2018, in press. DOI: 10.1038/nchembio.2555
  • オーキシンはインドール酢酸に代表される小分子であり、主に植物の成長を制御している。今回我々はbump-and-hole(凸凹)法にもとづき、天然オーキシンにベンゼン環を導入した凸オーキシンと、これに特異的に結合する凹受容体を開発した。凸オーキシンは天然の受容体に結合せず、野生型の植物に凸オーキシンを作用させてもオーキシン応答を誘導しない。この凸オーキシン−凹受容体ペアを用いることで、オーキシン応答の人工制御が可能である。我々の開発した凸凹ペアは、植物科学分野における研究ツールとしての利用だけでなく、将来的には農業分野への展開も期待される。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Chemical hijacking of auxin signaling with an engineered auxin–TIR1 pair
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]