Annulative π-Extension (APEX): An Enabling Reaction for Rapid Access to Fused Aromatics, Heteroaromatics, and Nanographenes

掲載論文
Hideto Ito,* Kyohei Ozaki, and Kenichiro Itami*, Angew. Chem. Int. Ed., 2017, 56, 11144–11164.. DOI: 10.1002/anie.201701058
  • [APEX反応]
    近年、多環芳香族炭化水素(PAH)、ナノグラフェン、π拡張ヘテロ芳香族化合物といったπ拡張芳香族化合物類が有機EL、有機半導体などへと応用され、注目が集まっている。これら一連のπ拡張芳香環は一般に、ベンゼン、ナフタレン、チオフェン、インドールといった「官能基化されていない」芳香族化合物を用い、ハロゲン化、金属化など「事前官能基化」を行なったのち、カップリング反応、酸化反応などを経てπ拡張芳香族化合物へと変換されるため、反応工程が多段階になってしまうという問題点がある。これに対し、近年我々は官能基化されていない芳香族化合物を原料に用いて一段階で縮環芳香環を構築する手法を「縮環π拡張(APEX: Annulative Pi-EXtension)反応」と名付け、実際にいくつかの新しいAPEX反応の開発に成功している。本総説では、我々の反応を含め、これまで知られている反応でAPEXに分類できる反応を紹介し、π拡張PAH、ナノグラフェン、カルバゾール類、ベンゾチオフェン類などの合成や反応後期修飾に非常に有用であることを解説する。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Annulative π-Extension (APEX): An Enabling Reaction for Rapid Access to Fused Aromatics, Heteroaromatics, and Nanographenes
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]