Tuning the structure and catalytic activity of Ru nanoparticle catalysts by single 3d transition-metal atoms in Ru12-metalloporphyrin precursors

掲載論文
Satoshi Muratsugu*, Atsuki Yamaguchi, Gen-ichi Yokota, Tomoaki Maeno, and Mizuki Tada, Chem. Commun., 2018, 54, 4842-4845. DOI: 10.1039/c7cc09862f
  • 貴金属ナノ粒子/ナノクラスターの触媒特性が第二金属 (3d金属) の導入により変換されることは数多く知られているが、貴金属ナノ粒子における3d金属の種類の影響を系統的に評価した例は少ない。今回、3d金属M (M = Cu, Ni, Zn) を中心に有するポルフィリン―Ru12核錯体を前駆体とし、その構造を維持したままピリジン配位子で修飾したシリカ表面への固定化、還元を通して得られるRuナノ粒子は、3d金属の違いが、Ruナノ粒子の電子状態と芳香族ケトンの水素化活性・選択性間に明確な相関を生み出すことを見出した (M = Cuの時、Ruナノ粒子は最も酸化された状態にあり、且つアセトフェノンの芳香族水素化活性が最も高かった)。すなわち、同構造の異種金属錯体前駆体におけるポルフィリン中心の3d金属1原子により、貴金属であるRu粒子触媒の構造と触媒活性のチューニングが可能であることを見出した。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Tuning the structure and catalytic activity of Ru nanoparticle catalysts by single 3d transition-metal atoms in Ru<sub>12</sub>-metalloporphyrin precursors
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]