Late‐Stage Functionalization of Arylacetic Acids by Photoredox‐Catalyzed Decarboxylative Carbon–Heteroatom Bond Formation

掲載論文
Yota Sakakibara, Eri Ito, Tomohiro Fukushima, Kei Murakami, Kenichiro Itami, Chem. Eur. J., 2018, Early view. DOI: 10.1002/chem.201802143
  • 医農薬を直接的に変換する手法の開発は、新しい生物活性分子の発見を加速します。 今回、生物活性化合物の重要構造であるアリール酢酸の新しい変換法を見つけました。本反応では、光触媒による脱炭酸を伴ってカップリングが進行します。導入できる置換基としてはイミド基やカルボキシ基などがあり、高い官能基許容性を示します。同様の反応条件下で、安全な塩素化剤TBACl(テトラブチルアンモニウムクロリド)を用い、脱炭酸クロロ化も可能です。本手法により、医薬品や天然物の誘導体合成が可能になりました。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Late‐Stage Functionalization of Arylacetic Acids by Photoredox‐Catalyzed Decarboxylative Carbon–Heteroatom Bond Formation
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]