Synthesis of α-Fluoroimines by Copper-catalyzed Reaction of Diarylacetylenes and N-Fluorobenzenesulfonimide

掲載論文
Shu Jan Yip, Tetsushi Yoshidomi, Kei Murakami, Kenichiro Itami*, Chem. Lett., 2018, 47, 329–331. DOI: 10.1246/cl.171097
  • アルキンの二官能基化反応は、一挙に二つの官能基を導入できる効率的な反応として、広く研究が行われてきました。今回、我々は銅触媒を用いるジアリールアセチレンとNFSI(N-フルオロベンゼンスルホンイミド)の反応を見つけました。本反応では、対応するアルキンからフルオロイミンを効率的に合成することができます。本分子群は新しい生物活性の発現が期待されています。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Synthesis of α-Fluoroimines by Copper-catalyzed Reaction of Diarylacetylenes and N-Fluorobenzenesulfonimide
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]