7/27 [JSPS-IGER-RCMSセミナー] 遷移金属錯体触媒を用いる水素化と脱水素化カップリング反応

■ 講演者名
Dmitry G. Gusev先生
■ 所属
教授 (Wilfrid Laurier University, Canada)
■ 紹介
7月27日(金)に 野依記念物質科学研究館2階講演室におきまして、Dmitry G. Gusev先生をお招きし、JSPS-IGER-RCMS Seminarを開催します。Gusev博士は、(PNN)Os錯体触媒を用いるエステルの水素化(TON~20000)で 名を馳せただけでなくアルコール間カップリング、アルコールーアミンカップリング反応でも世界的に著名な研究者です。今回は、水素化や脱水素化のDFT計算によっても検証された新反応機構に関わる話題も含めてご講演いただきます。
皆様、奮ってご参加ください!
Abstract: We have developed efficient, selective, practical, and broadly applicable catalysts for several green hydrogenation and dehydrogenative couplings. The unusual mechanistic aspects of the catalytic reactions have only recently become apparent and will be discussed together with the results of DFT calculations.
■ ポスター
ポスターファイル(PDF)
■ 日時
2018年7月27日(金)10:30~12:00
■ 会場
野依記念物質科学研究館2階講演室
■ 連絡先
理学研究科(化学) 斎藤進(内線 5945 saito.susumu@f.mbox.nagoya-u.ac.jp)

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 7/27 [JSPS-IGER-RCMSセミナー] 遷移金属錯体触媒を用いる水素化と脱水素化カップリング反応
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]