A Highly Photostable Near‐Infrared Labeling Agent Based on a Phospha‐rhodamine for Long‐Term and Deep Imaging

掲載論文
Marek Grzybowski, Masayasu Taki, Kieko Senda, Yoshikatsu Sato, Tetsuro Ariyoshi, Yasushi Okada, Ryosuke Kawakami, Takeshi Imamura, and Shigehiro Yamaguchi, Angew. Chem. Int. Ed., Early View. DOI: 10.1002/anie.201804731
  • 近赤外光を用いた蛍光イメージングは,細胞に対する光毒性や自家蛍光を抑制できるのみならず,生体深部の可視化にも有用であることから,近年精力的な研究が展開されている.近赤外蛍光色素としては,シアニン色素が最も利用されてきたが,化学的安定性および光安定性に乏しいという問題を抱えていた.今回,我々はローダミン色素の10位の酸素原子をホスフィンオキシド(P=O)で置換した新たな近赤外蛍光色素「PREX 710 (Photo-Resistant Xanthene dye)」を開発し,これが蛍光標識剤として極めて優れた特性を有することを明らかにした.まず,強レーザー照射を必要とする1分子蛍光イメージングにより,耐光性を評価した結果,シアニン色素(Alexa Fluor 647)は数秒程度で蛍光シグナルが消失したが,PREX 710からの1分子蛍光シグナルは,数分間も検出可能であった.また,PREX 710は可視光の蛍光性色素との重なりがほとんどないため,生細胞マルチカラーイメージングにおいても有用であることを示した.さらに,PREX 710で標識したデキストランをマウスの静脈に投与し,脳の蛍光断層撮影から脳血管の3次元画像を構築することにも成功した.PREX 710を用いることにより,細胞内のタンパク質輸送から組織深部における1細胞動態の追跡まで,幅広い応用が期待される.

    関連リンク:プレスリリース

    (JST)
    https://www.jst.go.jp/pr/announce/20180709/index.html
    (名古屋大学)
    http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20180709_itbm_1.pdf

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - A Highly Photostable Near‐Infrared Labeling Agent Based on a Phospha‐rhodamine for Long‐Term and Deep Imaging
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]