[お知らせ] 斎藤進教授らの研究が Top 100 Science Spinoffs に選定され,クラウドファンディングを募集



 斎藤教授らの「廃棄プラスチックの新規分解法」の研究が英国Spinoff.comによりTop 100 Science Spinoffs に選定されました.

英国NPO団体 Spinoff.com は 2018 年 07 月 25 日,投資の対象として国際的に注目すべき研究を選定し「Top 100 Science Spinoffs PDF Report」を発刊しました.斎藤教授らの不活性アミドの水素化の研究は,「廃棄プラスチックの新規分解法」として 5000 件の研究課題の中から Top 100 Science Spinoffs(上位 2%)に選出されました.

https://app.box.com/shared/static/ceeto8oyyxhc2oj3e7w9yyfglfw4rzb1.pdf(p217–220に斎藤教授の研究が紹介されています)

さらに,この研究に対しクラウドファンディング活動を Spinoff.com が始めました.
URL: https://spinoff.com/plasticdecomp


Links

不活性アミドの水素化(解説記事):http://www3.chem.nagoya-u.ac.jp/wordpress/?p=11084

Top 100 Science Spinoffs とは:

Spinoff.com は英国の情報提供NPO である.クラウドファンディングも視野に入れ,世界30,000人の投資家(VC, PEおよびFO),投資会社(多国籍企業コンソーシアムFortune 500 への登録企業も含む)のCEOやCTO,および200,000人のフォロワー(distributor),および月間2,000,000人の読者に対して投資情報を提供する.今回のレポートでは,技術や製品のユニークさ,高い商業化の可能性と人類社会への大きなポジティブインパクトを基準として,5000件の候補の中から上位100位に入る発明をTop 100 Science Spinoffsとして選定し,発表している.このレポートは今後「Top 100カタログ(紙媒体のみ)」として更新され,Fortune 500 への登録企業のCTOおよびCEOに郵送される.

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - [お知らせ] 斎藤進教授らの研究が Top 100 Science Spinoffs に選定され,クラウドファンディングを募集
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]