Catalytic hydrogenation of carboxylic acids using low-valent and high-valent metal complexes

掲載論文
Shota Yoshioka and Susumu Saito, Chem. Commun. (Feature Article), 2018, Advance Article DOI: 10.1039/C8CC06543H
  • カルボン酸はお酢やアミノ酸など、どこにでもある身近な物質であり、枯渇資源から多彩に合成できる上に再生可能な資源としても非常に有望である。
     カルボン酸を水素化して得られるアルコールは、水素貯蔵有機キャリア(燃料)としても、基幹物質および精密化成品としても大量生産可能である。また本水素化は水のみを副生するため、グリーン化学の観点からも魅力的な化学変換法である。カルボン酸の水素化触媒を開発する上で合理的な分子触媒設計法が世界的にも皆無である中、筆者らが独自に見出した「ジホスフィン二座配位–カチオン性単核金属錯体触媒」の発見の経緯、および最近Saito触媒と命名(Dalton Trans. 2018, 47, 2460)もされた低原子価Ru(II)錯体触媒および、その応用版である高原子価Re(V)錯体触媒のカルボン酸水素化触媒としての現力量を概説する。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Catalytic hydrogenation of carboxylic acids using low-valent and high-valent metal complexes
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]