Disulfide-unit conjugation enables ultrafast cytosolic internalization of antisense DNA and siRNA

掲載論文
Z. Shu, I. Tanaka, A. Ota, D. Fushihara, N. Abe, S. Kawaguchi, K. Nakamoto, F. Tomoike, S. Tada, Y. Ito, Y. Kimura, and H. Abe, Angewandte Chemie International Edition, (2019). DOI: 10.1002/anie.201900993
  • アンチセンス核酸やsiRNAによる遺伝子発現抑制法は、低分子医薬品では治療が困難な疾病に対する画期的な治療法として、大きな期待を集めています。しかし、薬効分子であるオリゴ核酸分子が細胞内に取り込まれにくいことが解決すべき課題でした。これにはリポソームなどの細胞内導入法が一般的に用いられていますが、オリゴ核酸がエンドソームに4時間以上も留まり、細胞質内への移行が遅いのが問題となります。本研究ではオリゴ核酸分子の末端にジスルフィド構造をタンデムに導入することにより、10分程度の短時間で高効率にオリゴ核酸を細胞質内に送達することが可能になりました。本手法はオリゴ核酸の細胞質内送達法として優れた手法であり、核酸医薬への応用が期待されます。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Disulfide-unit conjugation enables ultrafast cytosolic internalization of antisense DNA and siRNA
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]