Enhanced Oxygen Reduction Reaction Performance of Size-controlled Pt Nanoparticles on Polypyrrole-functionalized Carbon Nanotubes

掲載論文
Kentaro Ichihashi, Satoshi Muratsugu,* Shota Miyamoto, Kana Sakamoto, Nozomu Ishiguro, and Mizuki Tada*, Dalton Trans., in press. DOI: 10.1039/C9DT00158A
  • 燃料電池電極触媒に用いられるカーボン担持白金触媒 (Pt/C) は酸素還元反応 (ORR) 活性の向上とPt粒子の凝集抑制が課題である.本研究では,粒径制御と凝集抑制による高ORR活性,耐久性を志向したPtナノ粒子触媒の創出を目指し,ピロール配位子を持つPt4核錯体とピロールを多層カーボンナノチューブ (MWCNT) 表面で共重合・還元する手法により,Pt種をポリピロール (PPy) で修飾,安定化することを狙ったPt NC-ポリピロール-カーボンナノチューブ複合型触媒を調製した.本触媒では,平均粒径1.5 ± 0.5 nmに粒径が制御されたPtナノ粒子をPPyでその周囲を修飾した状態でMWCNT上に高分散させることに成功した.本触媒はORRにおいて,市販のPt/C,およびPPyを用いず同様の手法で調製したPtナノ粒子触媒 (粒径制御はされず) より大きな電気化学表面積を示したとともに,高い比質量活性と触媒耐久性 (加速劣化試験30,000回) を示した.

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Enhanced Oxygen Reduction Reaction Performance of Size-controlled Pt Nanoparticles on Polypyrrole-functionalized Carbon Nanotubes
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]