Nickel-Catalyzed C−H/C−O Coupling of Azoles with Phenol Derivatives

掲載論文
Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami  J. Am. Chem. Soc. 2012, ASAP. DOI: 10.1021/ja210249h
  • フェノール誘導体をアリール化剤として用いたカップリング反応は、ハロゲン化物を排出しない環境調和の面は言うまでもないが、豊富なフェノール誘導体を利用できる、C–X (X = ハロゲン) 結合とC−O結合をもつ化合物のC−O結合のみを変換できる等、有機合成において有用なツールとなる可能性を有する。我々は、このような芳香環C–O結合変換反応を、C–H結合変換反応と組み合わせたC–H/C–O型クロスカップリング反応の開発に着手した。その結果、新規ニッケル触媒を用いたはじめてのC–H/C–O型カップリング反応の開発に成功した。本反応はNi(cod)2と配位子dcypeを用いた場合にのみ劇的な配位子効果がみられ、目的のカップリング体を高収率で得られる。さらに、本触媒系ではフェノール誘導体としてアリールカルバマート、スルファマート、カーボネート、スルホネートなど多くの芳香環C–O結合をヘテロビアリール化合物に変換できることがわかった。 なお、本結果は12月9日付の読売新聞、中日新聞、12月12日付の化学工業日報に掲載された。

Tweet this!Tweet this!
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Nickel-Catalyzed C−H/C−O Coupling of Azoles with Phenol Derivatives
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]