Thiolate-Bridged Iron-Nickel Models for the Active Site of [NiFe] Hydrogenase

掲載論文
Yasuhiro Ohki, Kazuyuki Tatsumi Eur. J. Inorg. Chem. 2011, 31, 973-985. DOI: 10.1002/ejic.201001087
  • 水素分子の生成と消費を担う酵素は、ヒドロゲナーゼと呼ばれる。エネルギー変換や燃料電池との関連から、近年ヒドロゲナーゼに対する関心が高まっており、活性中心として働く有機金属錯体の構造と機能を再現しようとする試みが、精力的に進められている。このminireviewでは、ヒドロゲナーゼの中で最も広く存在する[NiFe]ヒドロゲナーゼを対象として、その活性中心モデルの合成や反応についてまとめた。

Tweet this!Tweet this!
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Thiolate-Bridged Iron-Nickel Models for the Active Site of [NiFe] Hydrogenase
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]