Monovalent and Mixed-Valent Potassium Salts of [1,2,5]Thiadiazolo[3,4-f][1,10]phenanthroline 1,1-Dioxide: A Radical Anion for Multidimensional Network Structures

掲載論文
Yoshiaki Shuku, Rie Suizu, Kunio Awaga, Inorg. Chem. 2011, 50,  11859-11861, DOI: 10.1021/ic201966t
  • 新しいフェナントロリン類縁体である1,2,5]-thiadiazolo[3,4-f ][1,10]phenanthroline 1,1-dioxide(tdapO2)を合成した。この化合物は、配位高分子を形成するラジカルアニオン性のビルディングブロックである。tdapO2の1価および混合原子価のラジカルアニオン塩であるK·tdapO2 とK·(tdapO2)2を作製し、その結晶構造および磁気測定を行った。その結果、tdapO2が架橋配位子となることが明らかとなり、15Kで磁気秩序が見られることが分かった。

Tweet this!Tweet this!
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Monovalent and Mixed-Valent Potassium Salts of [1,2,5]Thiadiazolo[3,4-f][1,10]phenanthroline 1,1-Dioxide: A Radical Anion for Multidimensional Network Structures
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]