Theoretical study on aquation reaction of cis-platin complex: RISM–SCF–SEDD, a hybrid approach of accurate quantum chemical method and statistical mechanics

掲載論文
Daisuke Yokogawa, Kohei Ono, Hirofumi Sato and Shigeyoshi Sakaki Dalton Transactions., 2011, 40, 11125-11130. DOI: 10.1039/C1DT10703H
  • 抗がん剤の一つであるcis-platinの水和反応について我々によって 開発されたRISM-SCF-SEDD法を用いて理論的な解析を行った。本手法は水溶液の ように非常に多くの分子が含まれるような場合であっても、CCSD(T)計算などの 高精度量子計算と組み合わせることにより、定量的な議論が可能である。さらに エネルギーだけでなく、水和構造についても考察を行うことができる。この解析 により、cis-platinの水和反応において水和による安定化が必要不可欠であるこ とを明らかにした。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Theoretical study on aquation reaction of cis-platin complex: RISM–SCF–SEDD, a hybrid approach of accurate quantum chemical method and statistical mechanics
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]