Desymmetric hydrogenation of a meso-cyclic acid anhydride toward biotin synthesis

掲載論文
Masahiro Yoshimura, Kazuomi Tsuda, Hiroshi Nakatsuka, Tomoya Yamamura, and Masato Kitamura Tetrahedron, 2011, 67, 10006–10010. DOI: 10.1016/j.tet.2011.09.065
  • プロキラルなメソ型環状酸無水物のエナンチオトピックな二つのカルボニル基の一方を脱水的に水素化して光学活性ラクトンに変換することができれば、有用物質合成に強力な手段となる。共生成物は水だけなので、原子効率、Eファクタの観点から環境調和型の理想的な反応系である。本研究では、ビオチン合成の鍵中間体となる光学活性ラクトン体の合成に焦点をおき、「Wilkinsonルテニウム錯体/トルエン溶媒/100 °C」を起点として、ホスフィン構造、ルテニウム錯体前駆体、水素圧と反応性・選択性の相関を系統的に調査した。その結果、[RuCl2(C6H6)]2とジホスフィンの組み合わせにおいて、配位子の挟角が大きい程、反応性が向上することを見いだした。また、不斉配位子Et-FerroTANE系およびPh-TRAP系において、約90:10のエナンチオ場選択性を実現することができた。ビオチンは世界市場で毎年約60トン工業生産されるビタミン類の一つである。如何に効率良く光学活性ラクトン体を得るかがビオチン大量供給の鍵となっており、今後の展開が期待される。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Desymmetric hydrogenation of a meso-cyclic acid anhydride toward biotin synthesis
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]