Pd(OAc)2/o-Chloranil/M(OTf)n: A Catalyst for the Direct C–H Arylation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons with Boryl-, Silyl-, and Unfunctionalized Arenes

掲載論文
Katsuaki Kawasumi, Kenji Mochida, Tomonori Kajino, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami Org. Lett. ASAP. DOI: 10.1021/ol203235w
  • 多環性芳香族炭化水素(PAH)は有機光電子材料への応用が期待される化合物群であり、PAH誘導体の簡便かつ効率的な合成法への潜在的需要は大きい。 すでに我々はフェナントレンやピレンなどのPAHをPd触媒およびオルトクロラニルの存在下、アリールボロン酸誘導体と反応させることにより、PAHの酸化的直接アリール化反応が効率よく進行することを報告している。今回我々は、同様の触媒系を用いることでフルオランテンを位置選択的にアリール化することに成功した。また、この反応がトリフルオロメタンスルホン酸銀の添加により加速されること、アリールボロン酸誘導体だけでなくアリールシラン誘導体や無置換アレーンもカップリングパートナーとして使用可能であることを明らかにした。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Pd(OAc)2/o-Chloranil/M(OTf)n: A Catalyst for the Direct C–H Arylation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons with Boryl-, Silyl-, and Unfunctionalized Arenes
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]