Decarbonylative C–H Coupling of Azoles and Aryl Esters: Unprecedented Nickel Catalysis and Application to the Synthesis of Muscoride A

掲載論文
Kazuma Amaike, Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami J. Am. Chem. Soc. 2012, ASAP. DOI: 10.1021/ja306062c
  • エステルを用いる新しいC-Hカップリングの開発: ニッケル触媒によって1,3-アゾールと芳香族フェニルエステルの脱カルボニル型C–Hカップリングが進行することを発見した 。本反応は通常の複素環合成法で得られるヘテロ芳香環に頻繁に見られる官能基であるエステルを直接ビアリール骨格に変換できる。さらに、本反応を用いた、抗菌活性をもつ天然物muscoride Aの収束的な短段階合成に成功し、その有用性の実証に成功した。

Tweet this!Tweet this!
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Decarbonylative C–H Coupling of Azoles and Aryl Esters: Unprecedented Nickel Catalysis and Application to the Synthesis of Muscoride A
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]