Chiral Substrate Analogues Assisted Stereoselective Epoxidation Catalyzed by H2O2-Dependent Cytochrome P450SPα

掲載論文
Takashi Fujishiro, Osami Shoji, Norifumi Kawakami, Takahiro Watanabe, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, and Yoshihito Watanabe Chemistry-An Asian Journal. in press. The cover of the issue. Selected as the subject of an upcoming press release. Highlighted on ChemistryViews. 2012 DOI: 10.1002/asia.201200250
  • 過酸化水素を利用することができるシトクロムP450SPαに 対して、対象とする基質に構造がよく 似てはいるけれどもそれ自体は酸化の対象とはならず,P450の活性化のみをスタートさせ る疑似基質(デ コイ分子と名付けた)として、解熱鎮痛剤として広く知られているイブプロフェンを添加するとスチレンのエポキシ化反応が進行することを見 出した。さらに、イブプロフェンのα位の不斉が生成物のキラリティーに大きな影響を及ぼすことを明らかとした. (R)-イ ブプロフェン結合型の結晶構造解析により,(R)-イ ブプロフェンがシトクロムP450SPαに取り込まれている状態を原子レベルで明らかにすることにも成功 した。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Chiral Substrate Analogues Assisted Stereoselective Epoxidation Catalyzed by H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>-Dependent Cytochrome P450<sub>SPα</sub>
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]