Pd-Catalyzed Direct C–H Bond Functionalization of Spirocyclic σ1 Ligands: Generation of a Pharmacophore Model and Analysis of the Reverse Binding Mode by Docking into a 3D Homology Model of the σ1 Receptor

掲載論文
Christina Meyer, Dirk Schepmann, Shuichi Yanagisawa, Junichiro Yamaguchi, Valentina Dal Col, Erik Laurini, Kenichiro Itami, Sabrina Pricl, and Bernhard Wünsch J. Med. Chem. 2012, ASAP. DOI: 10.1021/jm300894h
  • σ1受容体として有効な化合物を探索した結果、スピロ環を有するアリールチオフェン骨格がσ1受容体として優れていることが明らかとなっている。今回我々が開発したC5位およびC4位選択的チオフェンのアリール化反応を用いた、最終段階での直接アリール化反応にを駆使する事でより幅広く誘導体を合成した。また、計算化学の観点より、アリール基の位置やチオフェンのS原子の位置によるσ1受容体との親和性の傾向を示す事ができた。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Pd-Catalyzed Direct C–H Bond Functionalization of Spirocyclic σ1 Ligands: Generation of a Pharmacophore Model and Analysis of the Reverse Binding Mode by Docking into a <sub>3</sub>D Homology Model of the σ1 Receptor
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]