10/5 [IGERグリーン自然レクチャー] 光化学系IIの高分解能構造から探る水分解の反応機構

■ 講演者名
沈 建仁教授
■ 所属
岡山大学大学院自然科学研究科
■ 紹介
11月9日(金)16:00より、岡山大学大学院自然科学研究科の沈 建仁教授をお招きして、グリーン自然科学国際教育研究プログラムによる第10回IGERグリーン自然科学レクチャーを開催致します。大気中の酸素はほぼすべて酸素発生型光合成生物によって作り出されたもので す。光合成において最初に起こる反応が光の吸収による水分解・酸素発生反応で、この反応は光 化学系II複合体中のMn4Caクラスターによって触媒されています。この反応機構の解明は、人工 光合成による水分解触媒の創成にも重要な意味を持っています。本講演では、2011年Science誌の十大成果の一つにも選ばれた、光化学系IIの高分解能構造に基づき、水分解反応の機構を紹介します。
皆様お誘いあわせの上ご来場願います。 なお、講演後簡単なミキサーを行いますので合わせてご出席願います。
■ ポスター
ポスターファイル(PDF)
■ 日時
2012年11月9日(金) 時間:16:00〜17:30
■ 会場
ES総合館 ESホール
■ 連絡先
リーディングプログラム事務室 E-mail : kanayama@s.phys.nagoya-u.ac.jp

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 10/5 [IGERグリーン自然レクチャー] 光化学系IIの高分解能構造から探る水分解の反応機構
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]