Reaction of an “Invisible” Frustrated N/B Lewis Pair with Dihydrogen

掲載論文
Sina Schwendemann, Shunsuke Oishi, Susumu Saito, Roland Fröhlich, Gerald Kehr, and Gerhard Erker Chem Asian J., 2012, in press. DOI: 10.1002/asia.201200776
  • 酸と塩基を単純に混合すると中和が起こり、反応性は失われる。しかし、かさ高い置換基を持つルイス酸とルイス塩基の組み合わせ(frustrated Lewis pair: FLP)では立体障害のために互いに中和されない。FLPは酸と塩基の協同作用によってH2やCO2などの様々な小分子と反応することが知られている。  今回の研究では、エナミンAとHB(C6F5)2を混合し、ルイス酸/ルイス塩基複合体Bを形成した。さらにBが水素分子をH+とH-に開裂させ、Dを形成することを見いだした。同位体標識実験などにより、実際にFLPとして作用しているのは、中間生成物としては観測できないが化学平衡の中でわずかに生じるCであることが明らかとなった。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Reaction of an “Invisible” Frustrated N/B Lewis Pair with Dihydrogen
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]