Ethical Conduct in Chemical Research and Publishing

掲載論文
Ryoji Noyori and Joe P. Richmond, Adv. Synth. Catal., 2013,355, 3–9.  DOI: 10.1002/adsc.201201128
  • 科学研究における不正事件は近年増加傾向にある。事件の直接的な責任は個々の研究者にあるものの、指導者や研究機関によって行われてきた従来の教育を再考し、再編する必要があるだろう。研究者、PI、学科、研究機関、研究資金配分機関、化学コミュニティー、出版業界、科学雑誌の編集者、編集委員、論文審査員 −−− その全てが,今世紀人類が直面しているグローバルな問題の解決に貢献すべき当事者として、科学コミュニティーにおける化学の誠実さを保ち、化学に対する一般市民の信頼を回復するために重大な責任を負っている。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Ethical Conduct in Chemical Research and Publishing
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]