Acetals of N,N-Dimethylformamides: Ambiphilic Behavior in Converting Carbon Dioxide to Dialkyl Carbonates

掲載論文
Yuki Takada, Aki Matsuoka, Ya Du, Hiroshi Naka, and Susumu Saito, Chem. Lett., 2013 42, 146-147. DOI: 10.1246/cl.2013.146
  • 二酸化炭素( CO2)を有用な有機物質へと固定化する科学技術は産学を問わず重要な課題である.本論文では大気圧の CO2 から炭酸エステルを合成する際に,中性の有機物質である N,N-ジメチルホルムアミド(DMF)のジアルキルアセタールが優れた反応剤であることを示した.本反応は特別な触媒を必要としない.ジメチルスルホキシド(DMSO)溶媒中, DMF-アセタールを一気圧の CO2 雰囲気下 100 °C で加熱撹拌するだけで対応する炭酸エステルが得られる.従来法のような高温・高圧を必要とせず,無機塩の排出や中和操作を伴わなずに CO2 を直接固定化できる. CO2 に含まれる全ての原子を生成物の炭酸エステルへと固定化できる点も本反応の特色であり,この特異な反応性は DMF-アセタールが求核剤と求電子剤の両方の役割を担っていることに起因する.

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Acetals of N,N-Dimethylformamides: Ambiphilic Behavior in Converting Carbon Dioxide to Dialkyl Carbonates
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]