4/22 Novel chemical reactivity using high oxidation state transition metal catalysis

■ 講演者名
Matthew J. Gaunt教授
■ 所属
ケンブリッジ大学(イギリス)
■ 紹介
4月22日(月)に、イギリスのケンブリッジ大学のMatthew J. Gaunt教授を お招きいたしましてITbM/IGER/RCMSセミナーを行います。
Matthew J. Gaunt先生は、遷移金属触媒や有機触媒を用いた 有機反応開発の分野で活躍されている新進気鋭の若手研究者です。 C-H結合の変換反応において多彩な新反応を発表されています。
様お誘いあわせの上、ご参加お待ちしております。
■ ポスター
ポスターファイル(PDF)
■ 日時
2013年4月22日(月) 時間 16:00〜17:30
■ 会場
野依物質研究館2階講演室
■ 連絡先
伊丹健一郎 Email:itami.kenichiro@a.mbox.nagoya-u.ac

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 4/22 Novel chemical reactivity using high oxidation state transition metal catalysis
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]