4/24 [ITbM&IGER&RCMS Seminar] 水素結合の分光学ー理論的なモデルを用いた解析

■ 講演者名
Marek J. Wójcik 教授
■ 所属
Chemical Sciences Laboratory of Molecular Spectroscopy Faculty of Chemistry Jagiellonian University, Krakow, Poland
■ 紹介
4月24日(水)16時より、ポーランド(Chemical Sciences Laboratory of Molecular Spectroscopy Faculty of Chemistry Jagiellonian University)からMarek J. Wójcik教授をお招きして、講演会を開催いたします。Marek J. Wójcik教授は、水素結合X-H(D)の理論的モデルを構築し、高振動、低振動間の断熱カップリングやX-H(D)結 合のフェルミ共鳴等、幅広く解析されています。また、トロポロンのトンネル効果についても2次 元ポテンシャルモデルで検討されています。講演会では、モデルの詳細、具体例について発表していただく予定です。
皆様お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。
■ ポスター
ポスターファイル(PDF)
■ 日時
2013年4月24日(水) 時間 16:00〜17:00
■ 会場
野依記念物質科学研究館2階ケミストリーギャラリー
■ 連絡先
イレ ステファン email: sirle@chem.nagoya-u.ac.jp

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 4/24 [ITbM&IGER&RCMS Seminar] 水素結合の分光学ー理論的なモデルを用いた解析
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]