5/13 [ITBM&IGER&RCMS Seminar] Palladium(0)-catalyzed intramolecular C(sp3)-H bond functionalization

■ 講演者名
Olivier Baudoint教授
■ 所属
リヨン第1大学(フランス)
■ 紹介
5月13日(月)に、フランス、リヨン第1大学のOlivier Baudoint教授をお招きいたしましてITbM/IGER/RCMSセミナーを行います。Olivier Baudoint教授は、遷移金属触媒を用いた炭素−水素結合の直接的化学変換反応の分野で活躍されている新進気鋭の若手研究者です。 特にパラジウム触媒を用いたsp3C–H結合の直接官能基化反応においては第一人者となっています。
皆様お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。
■ ポスター
ポスターファイル(PDF)
■ 日時
2013年5月13日(月) 時間 16:00〜17:30
■ 会場
野依物質研究館2階講演室
■ 連絡先
山口潤一郎 email: junichiro@chem.nagoya-u.ac.jp

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 5/13 [ITBM&IGER&RCMS Seminar] Palladium(0)-catalyzed intramolecular C(sp<sup>3</sup>)-H bond functionalization
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]