Pyridine-Based Dicarbene Ligand: Synthesis and Structure of Bis-2-pyridylidene Palladium Complex

掲載論文
Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami Chem. Commun. 2013, Accepted Manuscript. DOI: 10.1039/C3CC42655F
  • 我々はすでに、一重項カルベンである2-ピリジリデンの発生・捕捉・金属錯体合成を報告している。その結果、2-ピリジリデンは非常に単純な構造ながらこれまで報告されている中性単座配位子の中で最も大きな電子供与能をもつことが明らかになった。今回我々は2-ピリジリデンの電子供与能を活かした遷移金属錯体触媒を指向し、2座のピリジリデン配位子をもつパラジウム錯体の簡便な合成法を開発した。2座のピリジリデン配位子はビピリジン配位子と等電子構造を有しているため、得られた錯体は強固な5員環パラダサイクルによる高い安定性をもつ。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Pyridine-Based Dicarbene Ligand: Synthesis and Structure of Bis-2-pyridylidene Palladium Complex
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]