Redox-Selective Generation of Aldehydes and H2 from Alcohols under Visible Light

掲載論文
Zijun Liu, Joaquim Caner, Akihiko Kudo, Hiroshi Naka, and Susumu Saito, Chem. Eur. J. 2013 early view. DOI: 10.1002/chem.201301347
  • 今回我々は可視光照射下で一級アルコールからアルデヒドと水素を与える光触媒反応を見出した.東京理科大学の工藤昭彦教授が開発した可視光応答型光触媒 Ru/SrTiO3:Rh を用いて,水存在下 25 °C,アルコールを可視光照射するとアルデヒドと水素が発生する.均一系触媒を用いた際にはしばしば損なわれるC=C 二重結合など,多様な官能基が保持される.二級アルコールからはケトンが得られる.反応容器を屋上に放置して,太陽光を用いても反応は問題なく進行する.  この反応は吸熱反応なため,通常は解放系にして水素を取り除いて平衡を生成系に寄せる必要があるが,今回の反応は閉め切ったガラス反応容器の中で反応が進行する.この事実は可視光の光エネルギーを触媒的に化学エネルギーへと変換しつつ,合成化学的に有用な物質を与える方法論を示したものと言える.

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Redox-Selective Generation of Aldehydes and H2 from Alcohols under Visible Light
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]