Isolation, Structure, and Reactivity of an Arylnickel(II) Pivalate Complex in Catalytic C-H/C-O Biaryl Coupling

掲載論文
Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, Aiwen Lei, and Kenichiro Itami J. Am. Chem. Soc. 2013, ASAP DOI: 10.1021/ja409803x
  • 新規カップリング反応の中間体をはじめて単離、反応機構の解明

    ニッケル触媒を用いたアゾール類とフェノール誘導体とのC–H/C–O型カップリング反応を以前報告している(J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 169-172. DOI: 10.1021/ja210249h)。C–O結合とC–H結合を直接つなげることができる新しいカップリング反応の実現には我々が独自に開発したNi/dcype触媒の利用が必須であった。しかしながら、その反応機構やNiは明らかでなかった。今回我々は、Ni/dcype触媒を用いることではじめてフェノール誘導体のC–O結合がNiに酸化的付加した錯体ArNiORを単離することに成功した。その結果、C–H/C–O型カップリング反応の全容を明らかにすることができた。なお速度論的研究は武漢大学のAiwen Lei教授と共同研究で行った。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Isolation, Structure, and Reactivity of an Arylnickel(II) Pivalate Complex in Catalytic C-H/C-O Biaryl Coupling
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]