π-Extended Planarized Triphenylboranes with Thiophene Spacers

掲載論文
Ayumi Shuto, Tomokatsu Kushida, Tatsuya Fukushima, Hironori Kaji, and Shigehiro Yamaguchi Organic Letters, 2013. DOI: 10.1021/ol403084x
  • 含ホウ素π電子系化合物は、ホウ素の空のp軌道に由来した優れた電子受容性をもつことから、有機エレクトロニクスにおける電子輸送材料として期待がもたれる化合物群である。しかし、これまでは三配位ホウ素の本質的な反応性の高さから、かさ高い置換基の導入が必要であり、これが固体状態での効率的な電荷輸送を妨げる原因の一つとなっていた。今回我々は、当研究室で合成に成功している平面固定トリフェニルボランのπ共役をチオフェンあるいはビチオフェン骨格を用いて拡張した化合物を新たに合成し、有機EL(エレクトロルミネセンス)デバイスへの応用を試みた。これらの化合物は、溶液状態で青色あるいは緑色の強い蛍光を示し、優れた酸化還元特性を示した。また、高い熱的安定性を有し、これらを電子輸送層として用いた有機ELデバイスを作製したところ、ビチオフェン誘導体が、有機ELの電子輸送兼発光材料として広く用いられているAlq3に匹敵する性能を示すことを見出した。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - π-Extended Planarized Triphenylboranes with Thiophene Spacers
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]