2/5 [ITBM&IGER&RCMS Seminar] ベラプロスト、ナルフラフィンの 開発とオレキシン作動薬の研究

■ 講演者名
長瀬博 先生
■ 所属
筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)
■ 紹介
2014年2月5日(水)16:30より、野依記念物質科学研究館2階講演室において、筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)の長瀬博先生をお招きし、ITbM/IGER/RCMS Seminarを開催いたします。長瀬博先生は、これまでにプロスタサイクリン誘導体であるベラプロスト、κオピオイド受容体 作動薬であるナルフラフィンを開発・上市した実績を持つ、世界をリードする創薬研究者です。今回、これら『ベラプロスト、ナルフラフィンの開発とオレキシン作動薬の研究』と題し、先生の創薬人生の全てをお話しいただきます。
皆様お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。
■ ポスター
ポスターファイル(PDF)
■ 日時
2014年2月5日(水) 時間 16:30〜18:00
■ 会場
野依物質研究館2階講演室
■ 連絡先
伊丹 健一郎 email: itami.kenichiro@a.mbox.nagoya-u.ac.jp

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 2/5 [ITBM&IGER&RCMS Seminar] ベラプロスト、ナルフラフィンの 開発とオレキシン作動薬の研究
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]