Exciton Recombination Dynamics in Nanoring Cycloparaphenylenes

掲載論文
Taishi Nishihara, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Kanemitsu Advance Article, 2014, in press. DOI: 10.1039/c3sc53462f
  • 今回我々は、様々なサイズのシクロパラフェニレン(CPP)における励起子の挙動を、時間分解蛍光測定によって調査した。その結果、CPPのサイズが大きくなるほど蛍光寿命が急激に短くなること、温度が高くなるほど蛍光寿命が長くなることを見出した。これは、励起子が複数のベンゼン環に広がっており、さらに励起子の熱分布が蛍光寿命を決定していることを示している。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Exciton Recombination Dynamics in Nanoring Cycloparaphenylenes
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]