Catalytic fluoride triggers dehydrative oxazolidinone synthesis from CO2

掲載論文
Yuki Takada, Siong Wan Foo, Yusuke Yamazaki, and Susumu Saito, RSC Adv. 4, 2014, in press. DOI: 10.1039/C4RA09609F
  • 二酸化炭素を代替炭素源とする合成法が注目されている.今回我々は触媒量の含フッ素化合物が二酸化炭素の化学的な固定化反応を促進することを見出した.フッ化物イオンや,フッ化物イオン及び有機ケイ素化合物(シロキサンなど)の存在下で,β-アミノアルコールと二酸化炭素から脱水的にオキサゾリジノンが得られる.β-アミノアルコールは天然アミノ酸から誘導が可能であり,二酸化炭素圧は1気圧でも十分であった.フッ素とケイ素の相乗効果を示したこのような触媒系は,シロキサンなどのケイ素化合物を基盤とした二酸化炭素固定化のための固体触媒への発展が期待される.

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Catalytic fluoride triggers dehydrative oxazolidinone synthesis from CO2
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]