One-shot K-region-selective annulative π-extension for nanographene synthesis and functionalization

掲載論文
Kyohei Ozaki, Katsuaki Kawasumi, Mari Shibata, Hideto Ito, Kenichiro Itami, Nature Commun. 2015, 6, 6251. DOI: 10.1038/ncomms7251
  • ナノグラフェン精密合成を可能にするAPEX反応

    今回我々は次世代有機エレクトロニクス材料として期待されるナノグラフェンの精密合成に不可欠な新反応(APEX反応: Annulative π (pi)-Extention)と新触媒の開発に成功した。ピレン、フェナントレンといった市販の化合物をテンプレートとし、π拡張ユニットとしてジベンゾシロール、触媒としてカチオン性パラジウム/オルトクロラニル触媒を合わせ用いることでわずか1段階で2次元炭素シートを拡張することができる。また量子化学計算によって本APEX反応が多環芳香族炭化水素(PAH)のK領域選択的に進行することが明らかとなった。多彩なPAHテンプレートとπ拡張ユニットの組み合わせによって構造・大きさを精密に制御することが可能であり、様々な光・電子・磁気機能をもつナノグラフェン類の創製が期待できる。

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - One-shot K-region-selective annulative π-extension for nanographene synthesis and functionalization
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]