ガラス工作室

ガラス工作室写真
 ガラスは透明で中身の確認が容易である、耐薬品性に優れている、加工性に富んでいるなどの特性をもち、この特性を活かした器具や装置は、試料合成をはじめ測定に用いられるなど、化学をはじめ様々な研究分野で必要不可欠なものとなっています。
 当室は、このガラス素材を主材料とし、試験管やビーカーといった、いわゆる市販品のみではなし得ない、ガラス器具・装置の製作を行っています。
これら器具や装置を用いる目的は何かを知ることは、研究の目的を達成するために欠かせません。研究者との密なコミュニケーションを心がけ、研究の目的に沿った器具や装置の製作を心がけています。
 また、化学科3年生ガラス工作実習・夏期ガラス工作実習などを行い、ガラスについての基礎知識習得の教育にも貢献しています。
 ガラス加工技術は有数であり、今後のガラス加工技術を見据え、大学・国内にとどまることなく、多方面にわたって技術交流・情報交換を行っています。

ガラス工作室ホームページに、主な装置の写真が掲示してある。

スタッフ

・夏目 秀 子 Hideko NATSUME deko@chem.nagoya-u.ac.jp
・岡本 久 和 Hisakazu OKAMOTO okamoto@chem.nagoya-u.ac.jp
・小坂 真澄美 Masumi KOSAKA kosaka.masumi@f.mbox.nagoya-u.ac.jp

場所

理学部E館 1F  144号室

Tweet this!Tweet this!